【最新】おすすめ暗号通貨銘柄3選【2019年7月現在】

 

こんにちは、なおきです。

 

最近、暗号通貨が盛り上がっているということで、私もここ最近、毎日相場を確認していました。

現在、2019年7月4日ですがBITCOINが120万円を突破しました。

BITCOINもすごいですが、それ以上にもっとすごい銘柄があるので今回は

暗号通貨マスタ―の私(笑)が今現在、最も注目すべきおススメ暗号通貨銘柄3選をご紹介します。

 

最初に結論をいうと

(2019年7月現在)

おススメ暗号通貨3選

・MONACOIN

・BITCOIN

・BAINANCECOIN

この3つです。

 

 

おススメ暗号通貨銘柄 MONACOIN

 

MONACOIN

 

日本初のコインで、実際に秋葉原のショップなどで利用されている認知度が高くなってきたコイン。

・メイド喫茶

・PCショップ

・イベント

など、色々な用途・場所で使われます。

 

また、モナコインにはほかにも強力なウェポン(武器)がそろっています。

 

■Segwit

簡単に言うと、ブロックチェーン上に記録されている取引データのサイズを圧縮する方法のことです。

これにより、データの処理速度の遅延問題を解決します。

 

Segwitについて詳しく勉強したい方はコチラ

 

 

■アトミックスワップ

お客さん同士でコインを取引をすることが可能

モナコイン⇔ビットコイン

モナコイン⇔リップルコイン

 

アトミックスワップについて詳しく勉強したい方はコチラ

 

おススメ暗号通貨銘柄 BITCOIN

 

BITCOINに関してはもう、言わずもがなですね。(笑)

 

現在(2017年7月)取引量が最も多く、認知度が非常に高い

現在120万円を超えていて、見ての通り今後、相場が微増していく可能性大

 

3月頃、35~45万円をヒューといって5月ごろから一気に来てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり急激に伸びています。

 

さらに、

・大企業がビットコインに次々に参入している

・発行量が限られているから希少性が高い

・世界の共通通貨になる可能性がある

という点で、とても将来性があります。

 

 

まず大手企業が参入ということで、

・楽天

・スターバックスコーヒー

・三菱UFJ銀行

・LINE

 

など、誰もが知っている大企業が次々と参入しています。

 

さらに、希少性が高いということで、そもそもビットコインは公開当初から発行数量が2100万と決まっています。

希少性の高さは、価値の高さにつながります。

もしもビットコインがいくらでも発行できるものだったとしたら、何の価値もありませんね。

 

最後に、ビットコインは世界の共通通貨になる可能性を秘めています。

 

ビットコインは、価値の信用がどこか特定の国ではなくビットコイン自体にあるので、どこの国も抵抗なく採用することができます。

ビットコインが世界の共通通貨になる日は、そう遠くないかもしれませんね。

 

 

 

 

 

おススメ暗号通貨銘柄 BAINANCECOIN

 

認知度が高く、取引量が世界一のBAINANCECOINです。

 

最近とても注目されていますが、それはなぜでしょう?

 

理由は簡単です。

 

取引量がハンパなく安い!!

驚きの0.1%です!

 

さらに、割引もついていて

1年目50%
2年目25%
3年目12.5%
4年目6.75%

5年目からは0%になってしまうものの、BAINANCEをメインで使う方ならBNBを保有しておいた方がメリットがあります。

 

割引のおかげで取引量が上がって、今後微増する可能性が高いです。

 

毎日相場を分析しよう

というわけで今回はこれくらいにしたいと思います。

 

今回は、2019年7月現在、最新の最もオススメな暗号通貨銘柄3選をご紹介しましたが、

結局一番大事なのは毎日チャート(相場)を確認し、分析することです。

といっても、見る時間がないという方が結構多いかと思いますが、まずは見るという“習慣”をつけましょう。

 

出勤前や寝る前などの余暇に、少しでもいいので毎日〇分ときめて生活してみてください。

そうすると自ずと見る癖がついて、新しい発見があると思います。

 

ちなみに、動画ではもっと詳しく仮